Powered by 日刊工業新聞

ニュース

IHI、石炭火力向けアンモニア混焼 25年度商用化

【2019年11月21日付 総合3面 日刊工業新聞電子版

IHIは石炭火力発電所向けなどに、アンモニア混焼技術の商用化に向けた取り組みを加速する。すでに出力2000キロワット級のガスタービンで、燃料に占めるアンモニア比率20%の混焼実験に成功済み。今後は混焼比率をさらに高めて50%以上にすることや、商用化に向けた大型ガスタービンの展開研究を進める。2023年度にボイラでの実証実験を開始、25年度めどに商用化を目指す。

商用化研究は相生工場(兵庫県相生市)内の石炭燃焼試験設備と、横浜事業所(横浜市磯子区)内のアンモニア混焼ガスタービン試験設備を中心に進めている。

アンモニアは…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ