Powered by 日刊工業新聞

ニュース

川口新郷工業団地協組、5億円投じ変電所更新 電力ロス削減

【2021年2月16日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

【さいたま】川口新郷工業団地協同組合(埼玉県川口市、石川義明理事長、048・285・1766)は、2025年をめどに組合に設置している変電所を更新する。現行の変電所は設置から20年余りが経過しているため入れ替える。投資額は5億円を見込む。新設備の導入による変電効率向上や電力の供給先となる組合事業所の節電を進め、変電所全体で現行比5%以上の電力ロスを削減する。

川口新郷工業団地協同組合は中部電力から一括受電し、工業団地内の組合事業所に配分供給する電力事業を手がける。6万6000ボルトの特別高圧電力を受電し…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ