Powered by 日刊工業新聞

ニュース

配送ロボ、車道実証 京セラコミュ、北海道・石狩の工業地域

【2021年8月19日付 電機・電子部品・情報・通信1面 日刊工業新聞電子版

京セラコミュニケーションシステム(KCCS、京都市伏見区、黒瀬善仁社長)は、無人自動配送ロボット(写真)による工業地域向けロボットシェアリング型配送サービスの実証実験を石狩湾新港地域(北海道石狩市)の公道で始めた。期間は9月中旬まで。無人の自動配送ロボットが車道を自動走行する試験は国内初の取り組みという。

1台の無人自動配送ロボットが、地域内の小売店商品や企業間輸送貨物を集荷、効率的なルートを選択・走行し、配送する。ロボットへの荷物の預け入れ・受け取りやロッカーの開閉などはスマートフォンで管理する。

これまで国内で実施した自動配送ロボットの公道走行実証は、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ