Powered by 日刊工業新聞

ニュース

伊藤忠、神奈川・伊勢原市に物流施設 EC急拡大に対応

【2020年10月1日付 国際・商社面 日刊工業新聞電子版

伊藤忠商事は、物流施設の開発を強化する。神奈川県伊勢原市に複数企業対応型(マルチテナント型)物流施設を新設する。足元ではEコマース(電子商取引)利用が急速に拡大していることもあり、伊藤忠グループが国内各地で手がける物流施設は、ほぼ満床状態で推移している。このため今後も需要はあると判断した。投資額は非公表だが、約30億円半ばとみられる。2021年5月に着工し、22年7月の完成を目指す。

伊藤忠都市開発(東京都港区)と共同で取り組む。建設する「アイミッションズパーク厚木2(仮称)」は、伊勢原市が進める伊勢原市東部第二土地区画整理事業の一区画に位置する。

敷地面積は約7581平方メートル、

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ