Powered by 日刊工業新聞

ニュース

工場立地、昨年1.7%増 車関連、大規模立地続く

【2018年03月29日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

経済産業省が28日発表した2017年工場立地動向調査(速報)によると、立地件数(電気業を除く)が前年比1・7%増の1009件、面積(同)が同9・4%増の1228万平方メートルでリーマン・ショック後2番目の水準となった。自動車関連などの大規模立地が続いたため、面積が大きく伸びた。都道府県別では静岡県が件数、面積ともに最高となった。

2万平方メートル以上の立地案件が同30・3%増の159件で、面積増加に大きく寄与した。自動車のほか食品関連の大規模立地も目立った。

都道府県別の立地件数は静岡県が95件で2年連続のトップ、群馬県と兵庫県が63件でこれに続く。前回2位だった愛知県は46件で5位に順位を落とした。

業種別件数は上位から食料品180件、金属製品148件、輸送用機械105件、生産用機械100件となった。

最近チェックした情報

ページトップ