Powered by 日刊工業新聞

ニュース

福岡中心部、進む再開発 大規模オフィス空間創出

【2020年5月6日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

「博多コネクティッド」のボーナス制度を説明する高島宗一郎福岡市長(昨年5月)

福岡市中心部で大型再開発が連続的に進んでいる。市が掲げる促進政策に民間企業が応えているためだ。建物のデザイン性や回遊性向上といった都市機能を高める施設計画に対して、市は「ボーナス」を設定。更新期を迎えた建築物を機能的に刷新する。大規模オフィス空間を創出し、海外企業の誘致などにつなげる。(西部・三苫能徳)

デザイン性・回遊性を向上 高さ制限緩和・ボーナス付与

福岡市の中心的なエリアである天神、博多。両地区で進むのが、市による市街地の活性化施策「天神ビッグバン」と「博多コネクティッド」だ。国家戦略特区制度による規制緩和を活用し、街のにぎわい創出を図る。

2015年から取り組んでいる天神ビッグバンは、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ