Powered by 日刊工業新聞

ニュース

コーヨークリエイト、K型構造体で首都圏開拓 千葉に工場、営業増員

【2021年1月26日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

3月に本格稼働する「千葉工場」(千葉県袖ケ浦市)

【南大阪】コーヨークリエイト(堺市堺区、高田正利社長、072・238・5040)は、首都圏市場を開拓する。設計自由度が高く、強度のある建築構造体「K型フレーム」の需要が増え続けているのに対応し、「千葉工場」(千葉県袖ケ浦市)を3月に本格稼働させる。これに先立ち2020年、東京駐在の営業担当者を従来の2人から5人に増やした。営業エリアの中心だった関西に市場規模の大きい首都圏を加えた2本柱とし、20年6月期の売上高約22億円を25年6月期には37億円に伸ばす計画。

コーヨークリエイトはこの数年、介護施設や共同住宅など中小規模の施設向けにK型フレームの需要が急速に伸びており、17年夏に新設した…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ