Powered by 日刊工業新聞

ニュース

久原本家・福岡県篠栗町・鹿島、産業団地立地で協定

【2021年2月23日付 東日本・西日本面 日刊工業新聞電子版

【福岡】久原本家グループ本社(福岡県久山町、河辺哲司社長、092・976・2000)と福岡県篠栗町、鹿島は22日、篠栗北地区産業団地(FFIP)の企業立地に関して協定を結んだ。久原本家は、篠栗町が最も重要と位置付けた敷地面積1万7000平方メートルの造成区画を取得。河辺社長は、本社工場の補完だけでなく「新しいものに挑戦する工場にする」と述べた。

工場の内容など詳細は今後詰める。取得額や工場の総投資額は非公表。

三浦正篠栗町長は…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ