Powered by 日刊工業新聞

ニュース

藤井産業、高崎の拠点を移転拡張 省エネ・コロナに配慮

【2021年3月8日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

高崎支店

【宇都宮】藤井産業は群馬県高崎市内の営業所を拡張・移転した。「高崎支店」として開設し、倉庫機能も追加した。先行して産業システム部が業務を始め、15日から電設部門が営業する。同社拠点で初めて建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高ランクを取得した。高崎エリアは工業団地整備や拠点進出などに伴う新規需要が見込め、営業強化や業容拡大に対応する。

省エネへの関心が高まっていることやコロナ禍で顧客ニーズが多様化する中、「一つのモデルケースとして整備した」(大久保知宏取締役)。支店は鉄骨造り3階建てで…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ