Powered by 日刊工業新聞

ニュース

TSMC、熊本に半導体工場 地元は歓迎ムード、優秀な人材・仕事集積

【2021年11月11日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が日本工場となる子会社(JASM)を熊本県に設立する。少数株主として参画するソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が正式に発表した。地元産業界や行政は歓迎ムードに沸いている。シリコンアイランドと呼ばれた九州全域だけでなく、全国への経済波及効果にも期待がかかる。一方、地元企業からは人手不足や雇用確保を心配する声も上がる。

TSMCが工場の整備を進めるのは、第二原水工業団地(熊本県菊陽町)のソニーセミコンダクタマニュファクチャリング熊本テクノロジーセンターの隣接地約21万平方メートル。SSSによると、2022年建設開始を予定。24年末までに生産開始を目指す計画だ。

隣の合志市にまたがる同エリアは、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる