Powered by 日刊工業新聞

ニュース

不二精機、三重に成形工場 EV部品開発

【2021年12月14日付 総合1面 日刊工業新聞電子版

不二精機は三重県鈴鹿市の御薗工業団地に樹脂成形工場(写真)を新設する。樹脂成形の国内工場は同社初。2022年4月に稼働する予定。新拠点ではCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域に対応した部品開発にも取り組む。自動車メーカーが集積する東海地域に拠点を構え、自動車向け成形品の受注拡大につなげる。

同社はティア1(自動車メーカーと直接取引する部品メーカー)と協業する形で電気自動車(EV)関連部品の開発を協議している。決まり次第、新工場で開発から試作、量産まで行う。品質管理や製造工程の自動化システムなども設備メーカーと共同で開発する。

不二精機は…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる