Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/再び増え始めた米国のスト

【2019年10月23日付 国際面 日刊工業新聞電子版

GM、史上2番目の長さに

米自動車大手3社は全米自動車労組(UAW)と4年ごとに労働協約を改定している。

フォードとフィアット・クライスラーの2社は、9月15日までに協約改定交渉を終えたが、GMは交渉が決裂。UAWは9月16日午前0時からストに入った。10月16日に労使双方は暫定合意に達したが、「ノー・コントラクト・ノー・ワーク」(協約なくして労働なし)が原則の米国では、労働協約が締結されるまでストは続く。

今回のストは12年ぶり。前回2007年は2日で終わった。過去最長は1970年の67日間。今回は史上2番目の長さとなった。今回の交渉が難航したのは、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ