Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/米国の医療保険制度改革

【2019年11月20日付 国際面 日刊工業新聞電子版

骨抜きにされるオバマケア

トランプ政権下、無保険者が再び増え始めている(南部ミシシッピ州の選挙集会で演説するトランプ米大統領、1日=AFP時事)

米国の医療費は国内総生産(GDP)比で16・9%、国民1人当たりで1万586ドルと世界で最も高い。一方、高齢化率が先進国で最高の日本は10・9%、4766ドルと低い(2018年)。

医療保険制度も全く異なる。日本は全国民が公的な皆保険制度でカバーされているが、米国の公的医療保険は、メディケア(対象者は障害者と65歳以上の高齢者)、メディケイド(低所得者)、児童医療保険(低所得世帯の19歳以下)、および退役軍人保険の4種類。対象者は全国民の34%でしかない。残りの57%は民間保険に加入し、9%(2750万人)は医療保険に全く加入していない無保険者である。

このように米国では、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ