Powered by 日刊工業新聞

コラム

ベトナムはなぜ親日?日本企業の活躍と文化浸透の観点

【ONE-VALUE株式会社】

ベトナムは、全国63省に300を超える工業団地を有している工業大国だ。ベトナムへの進出が有望であることやベトナムの経済については、これまでのコラムでも紹介してきたとおりである。

そんなベトナムは、一般的には親日国として知られている。実際に、日本で働く外国人労働者はベトナム人が最も多い。
 外務省が2019年に東南アジア10カ国含む19カ国に行った対日世論調査では、「次の、最も信頼できる国はどの国ですか。(一つ選ぶ)」という質問で、ベトナムの回答者の51%が日本を選んでおり、これは他の東南アジア諸国と比べても高い割合である(2位はミャンマーの40%、3位はタイの39%)。また、「あなたの国と日本は現在どのような関係にあると思いますか。」という質問でも、「とても友好的な関係にある」を選んだ回答者は69%と、フィリピンの70%に続いて高い割合となっている。
 政治面では、2017年に天皇皇后両陛下がベトナムを訪問している。また、日本の前首相である菅義偉氏は、初の外遊先としてベトナムを選択している。岸田文雄氏が首相になった翌月の2021年11月には、ベトナムのチン首相が日本を訪問している。このように、政治面でも日本とベトナムの関係は深いと言えるだろう。

本コラムでは、ベトナムが何故親日国なのか解説していく。

ベトナムが親日である理由

ベトナムが親日である理由はいくつかに細分化できるが、本コラムでは特に「日本企業のベトナムでの活躍」、「日本文化の浸透」2つを紹介する。

日本企業のベトナムでの活躍

日本貿易振興機構(JETRO)の調査によると、2020年、ベトナムで創業する日本企業は1985社とされている。ハノイ・ベトナム北部には794社、ホーチミンには1044社、ダナンには147社だ。

具体的には、イオン、ファミリーマート、パナソニック、ホンダ、トヨタ、味の素、エースコック、ロート生薬など、日本の有名な企業が多く参入している。さらに2019年にはユニクロがホーチミンに出店し多くのベトナム人からの注目を集めた。特にベトナムはバイク社会なので、多くのベトナム人が「ホンダ」や「ヤマハ」などを認知している。加えて、エースコックが販売する「ハオハオラーメン」はベトナム国内で300億食を突破しており、ベトナムで最も販売数が多い即席めんである。
 上記のように、ベトナム進出に成功した大手日本企業はベトナム人消費者の意識に大きな印象を残している。ベトナムでは日本ブランドが醸造されており、「日本製=高品質」という考え方が根付いている。

日本文化の浸透

日本のアニメはベトナムでも有名で人気がある。日本同様、特に小学生から高校生に人気が高く、多くのベトナムの子ども達は日本のアニメを認識している。ベトナムのテレビでは日本の番組放送数が増えており、その中でアニメは一番高い割合を占める。
 過去に放送されたアニメは「ドラえもん」「名探偵コナン」「ちびまる子ちゃん」があり、どれも高い視聴率を獲得している。特に、ベトナムでは漫画の普及率も高い。近年では、大人のファンも増加している。
 また、先述の日本企業参入と関連して、ベトナムには多くの日本食レストランが見られる。日本食に触れる機会が多いことも、ベトナムが親日である理由の一つである。

日本語教育

日本文化に関連して、ベトナムでは日本語教育も広まっている。第一外国語としては英語が一番人気だが、次に人気なのは日本語である。ベトナム政府は外国語教育に注力しており、小学校から日本語を選択することが可能である。

一方で、ベトナムの日本語学習者の内、「学校以外で勉強している」という層が最も多い。これは技能実習に向けた勉強と、日本文化好きが高じて勉強を始める人が増加していることを示唆している。

さいごに

本コラムではベトナムが親日である理由について、「日本企業の活躍」と「日本文化の浸透」という大きな2つの理由を紹介した。この2つ以外には、「歴史的つながり」、「政治的つながり」など、理由が多くある。

2023年は、日本とベトナムの国交樹立30周年である。ワクチンの提供など、今後も外交関係の深化が見込まれる。

ONE-VALUE株式会社の紹介

ONE-VALUEはベトナムで事業展開を検討する日系企業の経営課題を解決するベトナム専門コンサル会社です。

(主要事業)

  • 経営コンサルティング事業

    • 市場調査、企業調査、法規制調査、進出支援、投資アドバイザー、参入戦略立案等
  • ビジネスマッチング支援事業
    • 取引先の探索・紹介、現地企業の情報収集、提携パートナーの探索・紹介、サプライヤー探査等
  • 人材サービス事業
    • 人材紹介、人材派遣、人材育成、採用マーケティング、定着支援
  • メディア事業
    • ベトナムビジネス・経済情報webメディア:VietBiz(ベトビズ)の運営
  • その他
    • 通訳・翻訳、BPO、輸出入業務

(会社概要)
【社名】ONE-VALUE株式会社
【本社】〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目44-5 TOWAイマス亀戸ビル6階
【ハノイ事務所】22 Floor, Hoa Binh Tower, 106 Hoang Quoc Viet Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
【代表者】PHI HOA(フィ ホア)

ONE-VALUE株式会社 ホームページ
https://onevalue.jp/
ベトナムビジネス・経済情報メディア:VietBiz(ベトビズ)
https://vietbiz.jp/

<問い合わせ先>

経営コンサルのサービスについて/人材サービスについて
https://onevalue.jp/contact/

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる