Powered by 日刊工業新聞

特集

【連載】沖縄でつくる 製造業の選択(2)コンボルト・ジャパン 強い燃料タンク全国500基

【2018年06月21日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

環境性と安全性の高い燃料タンクを製造(本社工場塗装工程)

米軍基地に納入

コンボルト・ジャパンは、鉄筋コンクリートで覆って強度を高めた液体燃料用鋼製タンクのメーカー。製品は厳しい気候や衝撃、温度変化に強い屋外地上タンクとして環境性や安全性が売り。大型製品は重さ38トンを超えるが沖縄から全国に出荷している。

本社工場は沖縄県中部の経済特区「国際物流拠点産業集積地域」にある。2003年に立地し、同地域のモノづくり企業では古参になった。空き地ばかりだった周囲も「最近は開けてきた」と、島袋進専務は変化を語る。

当時の親会社による事業参入で立地。米企業の…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ