Powered by 日刊工業新聞

特集

【連載】沖縄でつくる 製造業の選択 特別編(上)アジア見据え台湾と連携

【2018年8月23日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

台北市で開いた台湾・沖縄ものづくり連携商談会(アットモアの商談ブース)

海を挟んで隣接する沖縄と台湾。台湾から沖縄を訪れる観光客は年間約81万人(2017年度)と地域別で最も多い。かつて日本が台湾を統治していた経緯からも両地域は歴史的に交流が深い。その交流を観光だけでなく、製造業でも活発にしようと沖縄県工業連合会(那覇市)が動いている。

8月15日、工連は南西地域産業活性化センター(NIAC、那覇市)と台湾・台北市で「台湾・沖縄ものづくり連携商談会」を開いた。16年に工連とNIACが、台湾の経済団体・台日商務交流協進会、調査研究機関の台湾経済研究院と結んだ連携協定の一環だ。

4者の枠組みで主催した商談会は初。「沖縄と台湾は良きパートナー。台湾には…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ