Powered by 日刊工業新聞

特集

【連載】沖縄でつくる 製造業の選択 特別編(下)半導体装置など、県外から特区へ

【2018年8月30日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

台湾の機器メーカー・和椿科技で製造品を視察する沖縄工連などの関係者ら

「近い台湾」狙い立地活発

沖縄本島を中心に同心円を描いた地図がある。地銀が制作したもので東・東南アジア諸国と沖縄は近い。沖縄では視線を海外へ向ける地場企業が増えた。可能性を探る段階も多いが企業の意識は変わった。特に台湾は地理・文化とも最も近い海外だ。

沖縄県工業連合会(那覇市)は台湾とモノづくりで連携を深める。南西地域産業活性化センター(NIAC、那覇市)とともに2016年、台湾の経済団体と連携協定を結んだ。8月には台北市で商談会を実施。半導体基板の加工装置などを製造する和椿科技(オーロテック、台湾桃園市)も視察した。

石嶺伝一郎NIAC会長は商談会について…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ