Powered by 日刊工業新聞

特集

【連載】沖縄でつくる 製造業の選択(6)リムコ 養蚕復活、カイコで医薬原料

【2018年9月6日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

沖縄で盛んだった養蚕を、医薬品原料の生産手段として復活させようと取り組んでいるのがリムコだ。研究開発型ベンチャーで、8月には日東紡とメディカル事業で資本提携した。「第2創業と位置付け、蚕業(さんぎょう)イノベーションを進める」と、小河晋悟社長は意気込む。

リムコがカイコ由来の試薬原料を供給する日東紡の骨粗しょう症診断キット オステオリンクス「TRAP-5b」

遺伝子組み換え

カイコの利用は抽出物の純度の高さが品質向上やコスト低減につながる。動物愛護の面でもマウスやウサギを代替できる。リムコは遺伝子組み換えでカイコ自体を変質させる点が特徴。1匹ずつ注射して培養する手法と異なり、多世代にわたり同じ性質のカイコが生まれるため、繁殖増が生産増に直結する。

医療振興追い風

小河社長が「認可診断薬の原料を製造するのは沖縄初だろう」と胸を張る今回の提携。日東紡の骨粗しょう症診断薬の試薬原料を供給する。日東紡も…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ