Powered by 日刊工業新聞

ニュース

東邦銀、ベトナム工業団地と提携 日系進出を支援

【2018年05月3日付 金融面 日刊工業新聞電子版

【福島】東邦銀行は、ベトナム・ハナム省が経営母体のドンバンIII工業団地インフラ開発と業務提携を結んだ。現地進出を検討する企業を支援し、福島県経済の国際化を後押しする。

ドンバンIII工業団地インフラ開発が運営する「ドンバンIII工業団地」に、東邦銀の紹介で進出する企業は、土地使用権価格やレンタル工場の賃料などで優遇される。東北地方に本店を置く金融機関が同社と提携するのは初めて。

同工業団地は日系企業専用に整備された。ハノイ市から南に約40キロメートルに位置し、面積は約300ヘクタール。高速道路に面し空港や港湾へのアクセスが良好で、日系企業16社が進出を決め、順次稼働している。東邦銀の佐々木和浩国際営業部担当部長は「業務提携を機に連携を深め、県内外企業のベトナム進出を積極的に支援していく」と抱負を語った。

最近チェックした情報

ページトップ