Powered by 日刊工業新聞

ニュース

神奈川・厚木市が立地フォーラム 首都圏アクセス利便性など紹介

【2018年08月22日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

トップセールスを実施した厚木市の小林常良市長

【横浜】神奈川県厚木市は21日、帝国ホテル東京(東京都千代田区)で2018年度「厚木市企業立地フォーラム」を開いた。小林常良市長(写真)がトップセールスを実施。小林市長は首都圏へのアクセスの良さなど同市の強みを紹介し、「現在整備を進めている新たな産業拠点に、ぜひ進出していただきたい」と呼びかけた。企業関係者など約170人が参加した。

セミナーでは厚木市進出企業の事例も紹介。市光工業は自動車用ランプの新工場を市内に建設中。同社のヴィラット・クリストフ取締役専務執行役員は「リーン生産方式を採用し、第4次産業革命を考慮した設計の製造所を新設する。厚木市の支援に感謝したい」と述べた。このほか、甘利明衆議院議員が「中国の経済覇権にどう対処すべきか」と題した特別講演を行った。

ページトップ