Powered by 日刊工業新聞

ニュース

ASTI、印に車載部品の新工場 20年前半めど稼働

【2018年11月09日付 自動車面 日刊工業新聞電子版

【浜松】ASTIはインド・グジャラート州に車載電装品などの新工場を建設し、2020年前半をめどに稼働する。投資額は8億ルピー(約12億円)。同州ではスズキが生産能力の増強を進めており、部品メーカーの進出が相次いでいる。

ASTIの新工場は日本企業専用の「マンダル工業団地」に建設する。2階建てで、延べ床面積1万4000平方メートル。ASTIは17年8月に同州への工場進出を目的に子会社ASTIインディア(ハリアナ州)を設立するなど準備を進めてきた。

ページトップ