Powered by 日刊工業新聞

ニュース

双日、タイ・サハと受託契約 工業団地の販売代理で

【2019年7月3日付 国際・商社面 日刊工業新聞電子版

双日は、タイの現地法人「双日タイ会社」を通じ、同国の大手財閥サハ・グループの持ち株会社サハ・パタナ・インターホールディング(サハ)と、同社工業団地の販売代理受託契約を結んだ。あわせてサハと工業団地を皮切りに、共同で工業団地の開発や各分野での共同事業展開を検討する覚書も締結した。

サハはタイ国内でシラチャ、カビンブリ、ランプーン、メーソートの4カ所の工業団地を展開する。一方、双日はベトナム、インドネシア、インド、フィリピンで展開している工業団地事業で培ったノウハウを生かし、アジアへの進出を検討する日本企業に対する提案を強化していく。

ページトップ