Powered by 日刊工業新聞

ニュース

神奈川県、都内で企業立地セミ 優位性アピール

【2019年10月29日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

【横浜】神奈川県は28日、ホテルグランドアーク半蔵門(東京都千代田区)で「神奈川県企業立地トップセミナー」を開いた。企業関係者ら103人が参加した。

黒岩祐治県知事(写真)が「神奈川が企業立地で選ばれる理由」をテーマに講演し、研究機関で働く人の数や生産年齢人口が全国トップクラスである点、充実したベンチャー企業支援策などの優位性をアピール。「活発な産学官交流などの取り組みについて、多くの立地企業に魅力を感じていただいている」と強調した。

また、精密金属部品製造のミズキ(神奈川県綾瀬市)、産業・医療ガス製造販売の日本エア・リキード(東京都港区)が、用地取得・進出時の県からの支援などについて講演。このほか、県内企業による再投資などを支援する企業誘致施策「セレクト神奈川NEXT」を紹介した。

最近チェックした情報

ページトップ