Powered by 日刊工業新聞

ニュース

神奈川県、「未病」産業振興へ誘致セミ 知事が施策紹介

【2018年08月30日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

神奈川県・黒岩祐治県知事

神奈川県は29日、ホテルグランドパレス(東京都千代田区)で「神奈川県企業立地トップセミナー」を開いた。黒岩祐治県知事(写真)が「神奈川が企業立地で選ばれる理由」と題して講演した。黒岩知事は健康と病気の間の状態を表す「未病」改善に関する県の取り組みを産業にも生かす考え方を紹介し、「課題を解決しながら経済を回していくのが神奈川のビジョンだ」と力を込めた。企業関係者ら約100人が参加した。

セミナーでは同県を立地先に選んだ企業も講演。日立化成は11月に川崎市内で半導体実装材料などの研究開発拠点「パッケージングソリューションセンタ」を稼働する予定。同センタの宮崎忠一主管研究長は「主要顧客や協業している企業との距離感を考慮し、川崎への進出を決めた」と述べた。このほか、県の企業誘致施策「セレクト神奈川100」についても紹介した。

ページトップ