Powered by 日刊工業新聞

ニュース

MHPS、火力発電所の長期保守 タイで受注

【2020年2月27日付 機械・ロボット・航空機2面 日刊工業新聞電子版

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、タイの独立発電事業者(IPP)であるBLCPパワーと同社が運営する火力発電所の第3期長期保守契約を結んだ(写真)。契約期間は12年間。受注額は非公表。2032年までの間、発電設備の定期点検や設備更新、効率向上などの包括的な保守サービスを行う。

同発電所はタイ南東部のラヨーン県にあるマプタプット臨海工業団地にあり、MHPSが07年に引き渡した。2系列で構成する火力発電設備で、出力は140万キロワット級。保守サービスはMHPSのボイラと蒸気タービン、排煙浄化関連装置などが対象となる。

MHPSは…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ