Powered by 日刊工業新聞

ニュース

栃木県土地開発公社、上三川インター南産業団地 予約分譲で公募

【2020年4月9日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

【宇都宮】栃木県土地開発公社は2021年度に完成予定の上三川インター南産業団地(栃木県上三川町)全5街区6万2000平方メートルの予約分譲の公募受け付けを6月1日に始める。1街区の面積は3600―2万6300平方メートル。分譲価格は1平方メートル当たり1万9000円から2万円。工場や物流施設、研究所、データセンターなどの用途を見込む。

同団地は新4号国道に隣接し、北関東自動車道宇都宮上三川インターチェンジ(IC)から約2・8キロメートルに位置する。総面積は8万8000平方メートル。首都圏に加え、圏央道などの開通による東海・関西方面へのアクセスの良さを訴求し、企業誘致につなげる。

ページトップ