Powered by 日刊工業新聞

ニュース

富山県と北陸電、県営水力活用で合意 移転・移住向け料金割引

【2020年8月31日付 中日本面 日刊工業新聞電子版

合意書を持つ石井知事(右)と金井社長

【富山】富山県と北陸電力は富山県営の水力発電所を活用した電気料金のメニューを創設することで合意した。富山県へ移転・移住する企業・世帯に対し、電気料金を5%割引する。環境価値を重視する企業向けのメニューも設定する。2021年4月から25年3月までの4年間、供給する。

北陸電力は富山県企業局が運営する水力発電所で作る電気を受電しており、これをもとにしたメニュー「とやま未来創生でんき」を県内で提供する。

メニューは3種類を用意。このうち、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ