Powered by 日刊工業新聞

ニュース

伊藤忠、インドネシア工業団地を拡張

【2021年10月13日付 総合4面 日刊工業新聞電子版

伊藤忠商事は12日、インドネシアで開発・運営するカラワン工業団地に新たに約105ヘクタールの開発用地を取得し、造成工事に着手したと発表した。2023年上半期の完工を予定する。

新たに開発したエリアでは日系企業に加え、中国や韓国、台湾系企業への販売を強化する。洪水などの災害に強い点を生かしデータセンターなどの業種への販売にも注力する。

カラワン工業団地はジャカルタ中心部から東へ60キロメートルに位置し、総面積は約1400ヘクタール。日系企業を中心に約170社が入居する。

最近チェックした情報

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる