Powered by 日刊工業新聞

ニュース

共同印刷、インドネシアに新工場建設 高品質チューブ容器生産

【2019年4月22日付 電機・電子部品・情報・通信面 日刊工業新聞電子版

共同印刷は、インドネシア現地法人Arisu Graphic Prima(アリス社)の新工場建設をジャカルタ近郊で始めた。東南アジアで高品質チューブ容器の需要が増加していることから、市場の深耕に力を注ぐ。鉄筋コンクリート造の2階建てで、延べ床面積は2963平方メートル。12月に完成予定。2020年1月に稼働を始める。

新工場(イメージ)は、同国カラワン県カラワン工業団地内に建設する。主に化粧品向けの高品質ラミネートチューブを製造し、製造環境は日本の製造拠点と同等クラスの仕様とする。地元企業のほか、ジャカルタに拠点を置く日系や欧米系の化粧品メーカー、医薬品メーカーなどからの受注増加を狙う。

ページトップ