Powered by 日刊工業新聞

ニュース

日本工営とKDDI、タイ工業団地で5G実証

【2022年1月25日付 電機・電子部品・情報・通信1面 日刊工業新聞電子版

日本工営とKDDIは24日、タイ・チョンブリ県の工業団地で第5世代通信(5G)を用いた遠隔作業支援や人工知能(AI)分析による稼働監視の実証実験を始めたと発表した。両社は海外での5Gのオープン化や仮想化技術の有用性などを検証し、関連技術の海外展開やデジタルソリューションの創出を目指す。

実証は、アマタシティ・チョンブリ工業団地に入居するダイキン工業現地法人の工場内で実施。4K360度カメラで撮影する全体映像と、現場作業者が装着するウエアラブルカメラ端末の映像を遠隔の監視者に5Gで伝送。監視者は低遅延映像を見ながら遠隔から指示を送り、作業者の経験やスキル不足を補える。

また、インターネット・プロトコル(IP)カメラと…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる