Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/新型コロナ、中国・経済活動に打撃

【2020年3月11日付 国際面 日刊工業新聞電子版

感染対策とのジレンマ

中国では新型コロナ肺炎(COVID―19)の感染拡大が経済活動に暗い影を落としている。初期段階での封じ込めに失敗した中国政府は、その後湖北省(省都=武漢市)を「都市封鎖」するなど強硬策に転じ、国を挙げて感染拡大阻止に取り組んでいる。しかし、感染対策を強化すればするほど経済活動を鈍らせるというジレンマに直面している。

旧正月(春節)連休明けの生産再開は極めて厳しい状況だった。新型コロナ肺炎の影響で例年より1週間遅れて生産を始めたものの、いまだに正常な生産体制には戻れていない。その主因は…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ