Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/インドネシア、投資環境改善に期待感

【2020年11月6日付 国際面 日刊工業新聞電子版

デモ早期沈静化 焦点

第2次ジョコ政権の発足から1年が経過したインドネシアで、投資環境の改善や将来の成長に対する期待感が高まっている。

10月5日、インドネシア国会で「雇用創出に関するオムニバス法」が可決・成立した。これは経済構造改革を進める観点から、労働、投資、土地収用、環境、農業など11分野・計79本にわたる関連法を一括して改正するというものである。インドネシア政府は、同法の成立でビジネス環境が大幅に改善され、外資企業の進出や雇用創出、安定成長をもたらすと主張している。

多くの分野を対象とする同法において、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ