Powered by 日刊工業新聞

ニュース

中部電、愛知・蒲郡にバイオマス発電所 丸紅などと共同で

【2019年11月27日付 総合3面 日刊工業新聞電子版

【名古屋】中部電力は26日、丸紅、SBエナジー(東京都港区)と共同で愛知県蒲郡市に木質専焼バイオマス発電所「愛知蒲郡バイオマス発電所」を開発し、2023年8月に稼働すると発表した。木質ペレットやパームヤシ殻を燃料とし、発電出力は5万キロワット。年間発電電力量は一般家庭約11万世帯分に相当する約3億4000万キロワット時を想定する。

蒲郡市の浜町工業団地の遊休地に21年4月に着工する。中部電と丸紅がそれぞれ48・5%、SBエナジーが3%出資した事業会社「愛知蒲郡バイオマス発電合同会社」は、19年1月に設立済み。

中部電は静岡県御前崎市・牧之原市でも三菱電機クレジット(東京都品川区)などと共同で、発電出力7万4950キロワットの木質専焼バイオマス発電所を建設し、23年7月の運転開始予定。

ページトップ