Powered by 日刊工業新聞

ニュース

小山市、東部第二工業団地で3社契約

【2020年7月16日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【宇都宮】栃木県小山市は分譲中の「小山東部第二工業団地」全9区画のうち4区画について、3社と土地売買契約を結んだ。トヨタL&F栃木(宇都宮市)が5933平方メートルを9800万円、緑川化成工業(東京都台東区)が1万7257平方メートルを2億6800万円、土井鋼材(横浜市鶴見区)が5942平方メートルを9300万円で取得する。

トヨタL&F栃木は工場と営業所を、緑川化成工業はアクリル製品を手がける子会社の新工場を2021―22年に建設・稼働させる予定。ともに周辺地域の既存拠点の移転・集約を計画する。土井鋼材は鋼材の切断販売や部品加工を行う新工場を建設する。

大久保寿夫市長は「雇用確保は重要。助成などを通じて進出企業を支援していきたい」と歓迎した。

最近チェックした情報

ページトップ