Powered by 日刊工業新聞

ニュース

キトー、ホイストの海外生産推進 複数拠点でリスク分散

【2020年9月7日付 機械・ロボット・航空機1面 日刊工業新聞電子版

タイ工場、来年1月稼働

キトーはタイのチェーンホイスト(荷揚げ機)工場を2021年1月に稼働する。当初、20年8月の稼働予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で延期していた。生産したホイストはタイだけでなく、日本や米国に輸出する。ホイストの海外生産拠点は、95年に稼働した中国工場に次いでタイが2番目。

足元はコロナ禍で停滞気味だが、中長期的に需要拡大は不変とみて、グローバル生産を加速する。拠点の複数化でリスク分散にもつなげる。

タイ工場は同国中部のチョンブリー県のアマタナコン工業団地にあり、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ