Powered by 日刊工業新聞

ニュース

ピカコーポ、栃木に新物流センター 旧拠点は工場に

【2020年10月1日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【東大阪】ピカコーポレイション(大阪府東大阪市、坂口守正社長、06-6747-6856)は、栃木県鹿沼市の宇都宮西中核工業団地内に「東日本物流センター」を開設した。従来の東日本物流センター(栃木市)が手狭だったため、拡張移転した。また旧物流センターは新たな生産拠点として整備し、稼働する予定。国内の生産力を強化するほか、事業継続計画(BCP)の観点から生産拠点を分散する。

新東日本物流センターの敷地面積は1万9264平方メートル、延べ床面積は7763平方メートル。総投資額は約13億円。

新センター開設による外部倉庫の解約や、

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ