Powered by 日刊工業新聞

ニュース

田村バイオマスエナジー、福島・田村市で木質燃料発電 環境配慮徹底、来春売電

【2020年11月23日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

田村バイオマスエナジー(福島県田村市)は、発電能力7100キロワット時の木質バイオマスエナジー発電所「田村バイオマス発電所」を完成した。同社はタケエイの子会社で、2021年春から売電事業を始める。タケエイグループが事業化する6番目のバイオマス発電所で、原料の木質チップは福島県中央、同南部の現地森林の未利用間伐材などを使用する。林業の活性化と二酸化炭素(CO2)削減に貢献していく。(いわき・駒橋徐)

田村バイオマス発電所は田村市の産業団地に造成。三菱パワーインダストリー(横浜市中区)の循環流動床ボイラを設置し、木質チップを燃料に燃焼温度800度Cで発電する。発電能力7100キロワット時は国内の木質燃料で専焼発電する発電所では中型…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ