Powered by 日刊工業新聞

ニュース

テラ・ラボ、南相馬にドローン新工場着工 飛行管制センター併設

【2021年2月9日付 機械・ロボット・航空機面 日刊工業新聞電子版

【いわき】テラ・ラボ(愛知県春日井市、松浦孝英社長、0568・53・4501)は8日、福島県南相馬市の復興工業団地で新工場を着工した。投資額は2億7000万円。同日に同市と立地協定を結んだ。新工場は飛行ロボット(ドローン)の生産設備と格納倉庫、飛行管制センターを備える。同市の福島ロボットテストフィールドのドローン用滑走路(500メートル)に隣接し、2021年10月に完成予定。

同社はロボットテストフィールドに研究拠点を置き、南相馬市産業創造センターの貸工場にも入居している。新工場は…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ