Powered by 日刊工業新聞

ニュース

福島ロボテストフィールド開所 開発・実証、全21施設完成

【2020年4月1日付 ロボット面 日刊工業新聞電子版

あらゆるロボに対応 ナショナルセンターに

福島ロボットテストフィールド完成に先立ち、ドローンのフライトテストが行われた

世界最大級のロボット研究・開発拠点となる福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市、浪江町)が全面開所した。計21施設で陸・海・空のさまざまなロボットを開発・実証する拠点となる。中心となる南相馬市の拠点には7月までに22の企業・大学が研究開発オフィスを構える。あらゆるロボットを実証するナショナルセンターとしての役割も担う。(東日本に関連記事、いわき・駒橋徐)

【4エリアに配置】

福島ロボットテストフィールドは50ヘクタールの広大な用地に建設した。隣接する20ヘクタールには南相馬市が復興工業団地としてロボット産業などの誘致を進めている。約13キロメートル離れた浪江町には滑走路と格納庫を設置。物流、インフラ、災害などで実用化する無人航空機や災害対応ロボット、水中探査ロボットなどの開発で実証と性能評価、操縦訓練を行える。

3月末に…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ