Powered by 日刊工業新聞

ニュース

浦安鉄鋼団地協組の景況調査、11月「横ばい」54%の72社

【2021年12月17日付 商品市況面 日刊工業新聞電子版

浦安鉄鋼団地協同組合(千葉県浦安市)がまとめた11月の景況実感調査(会員145社対象)は、現在の景況感について、前月に比べて「横ばい」と答えた企業が72社となった。前月調査比10社減ったものの、回答者全体の54・1%を占め、最多だった。荷動きの改善が見られていないことが大きな要因だ。

前月よりも「好況」「やや好況」との企業が同5社増の25社、「不況」「やや不況」と回答した企業が同3社増の36社と、それぞれ増やしていることから、品種ごとに需要のバラつきがある。3カ月先の景況予測では、「不況」「やや不況」だけ同12社増の22社と増やしており、先行きは明るくない。

同調査によると、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる