Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/スタートアップ急成長への課題

【2019年8月1日付 国際面 日刊工業新聞電子版

グローバルチーム必須

Startup Grind Tokyoでシリコンバレーから来日したスタートアップ支援者のM・メッシーナ氏と対談する筆者(左)(19年2月)

シリコンバレー発のサービスは、今や世界中に広がりを見せている。フェイスブックのメッセンジャーで仕事のやりとりをし、投稿でミーティングやスタートアップイベントへ参加した様子などをシェアする。GメールやLinkedinで連絡をとる。アマゾンで買い物や読書、映画鑑賞をする。ウーバーに乗り、グーグルMapで目的地に向かい、Airbnbで宿泊する人も多いだろう。

しかし、広がりを見せているのはサービスだけではない。シリコンバレーのイノベーションエコシステムのモデルを世界各地につくる動きが活発化してきている。エコシステム構築に必要となるのはまず、インキュベーションセンターやコーワーキングスペースなどの場所づくりだ。次に、スタートアップイベントやアクセラレータープログラム(短期教育)の提供によってイノベーティブなカルチャーづくりが行われる。

シリコンバレーの老舗…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ