Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/シリコンバレーで生まれるユニコーン企業

【2019年5月8日付 国際面 日刊工業新聞電子版

“世界が求める製品”創出

シリコンバレーで世界的なスタートアップを次々と生み出しているスタンフォード大学のキャンパス

今なお、世界一のイノベーションの聖地であるサンフランシスコ―シリコンバレーから世界を変えるスタートアップ企業が続々と輩出されている。米ナスダックに上場した企業を見ても、その存在感は圧倒的だ。世界の億万長者ランキング10位以内にも、世界1位に輝いたジェフ・ベゾス氏創業のアマゾンの本社はシアトルだが、フェイスブック、グーグルなどシリコンバレーに本社を構える創業者が名を連ねる。オラクル創業者のラリー・エリソン氏もつい最近までトップテン入りの常連者だった。テスラ・モーターズ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏も忘れてはならない。彼らは、スタンフォード大学やハーバード大学などを中退あるいは卒業し、シリコンバレーでスタートアップを立ち上げる。アップルの創業者の故スティーブ・ジョブズ氏のように…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ