Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】アジア人材活用術(15)ベトナム 「親日」の誤解と価値観の理解

【2018年9月7日付 総合4面 日刊工業新聞電子版

親日のベトナム人の心を掴むには明確な評価制度の導入が必要だ

ベトナムは「親日」国であることを理由に、多くの日系企業はビジネスの展開がしやすいと考えている傾向がある。ベトナム人が日本に好意を抱く背景やその理由としては、先端技術を使った高い品質や繊細な食文化、アニメ・漫画などといったカルチャーなど、その理由は人によって千差万別だ。

一方で、そのような「親日」が日系企業に対するビジネス上での評価に直接つながるわけではないということも事実だ。かつて日系企業であることや日本製であるだけで評価されていた時代もあったが、世代の変化とともに今ではそれは終わりを迎えつつある。

現在でも一般的にベトナム人が「親日」の意識を持っていることは間違いないが、日系企業で働くとなると話は別だ。特に、日系企業で働くベトナム人にとって、いわゆる日本式の曖昧で明確さに欠ける人事や評価制度は受け入れがたい企業文化と思われている。

現地の日系大企業の一部は人材が豊富で情報収集力にたけているだけでなく、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ