Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】アジア人材活用術(3)タイ−モットーは「楽に働く」

【2017年09月01日付 総合4面 日刊工業新聞電子版

タイ人の基本的気質「3S」の理解が不可欠

タイに初めて進出した日系企業から「日本語が話せるタイ人を採用したい」という依頼が後を絶たない。

タイ人は親日で日本語学習者が多い国だ。タイ人の日本語習得者の9割が日本のアニメをきっかけに学習を始めている。タイに存在する日系企業約4000社の駐在員がタイ人の社員と日本語で会話ができるのは、日本のアニメのおかげと言っても過言ではない。これは意外と知られていない事実である。

とはいえ、彼らが日本語を話せても、中身はタイ人としての気質を持っており、日本人とかなり異なる。ちなみに、タイの文化を代表する言葉にサバーイ(快適・楽に)、サヌック(楽しく)、サドゥアック(便利に)という「3S」がある。私生活上…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ