Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/大きく変わった米FTA政策

【2019年6月5日付 国際面 日刊工業新聞電子版

TPP離脱で農業に打撃

CPTPP第1回TPP委員会後の共同記者会見(1月19日、グランドプリンスホテル新高輪)

米国は現在、14件のFTA(自由貿易協定)を20カ国と締結している。日本はFTAではなくEPA(経済連携協定)と呼ぶが、47カ国と17件のEPAを締結している。

日本の国数は米国の2倍以上だが、これは2018年12月30日にTPP11、続いて今年2月1日に欧州連合(EU)28カ国とEPAを発効させたことによる。しかし、米国の貿易額が大きいため、FTAカバー率(締結国との貿易額が総貿易額に占める割合)はともに39%(18年)だ。

FTAおよびEPAは…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ