Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】千葉市、災害対策75億4800万円 被害予防・復旧

【2020年2月17日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

【千葉】千葉市は2020年度当初予算案に災害発生時の被害発生予防と支援・復旧体制の構築に75億4800万円を盛り込んだ。19年秋の台風や大雨被害を踏まえたもので、災害に強い街づくりを進める。電力・通信の強靱(きょうじん)化と、土砂災害・冠水対策の強化、災害時の安全・安心の確保が柱となる。熊谷俊人市長は「先駆的な対応を盛り込むことができた」と述べた。

総合的な防災拠点となる新庁舎の整備に41億1200万円を配分した。新たに稼働性能・通信安定性の高い地域防災無線への更新に1億3900万円、会員制交流サイト(SNS)に投稿される災害情報を分析・抽出するシステムの導入に200万円をそれぞれ計上。

中小企業支援では新規に外部メンター(助言者)による…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ