Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】三重県、一般会計7407億円で2年連続増 中小支援に重点

【2020年2月13日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【津】三重県は12日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は19年度比2・4%増の7407億円で、2年連続の増加。中小企業・小規模事業者の支援に重点を置き、関連対策の総事業費を同4億円上乗せし、47億9000万円を計上した。

超スマート社会「ソサエティー5・0」による地方創生を見据え、ビッグデータを効率的かつ効果的に収集・共有・分析・活用できる人材を育成するデータサイエンス推進事業を立ち上げる。また新ビジネスの創出を目指して「空飛ぶクルマ」の事業を促進する。

県経済を持続的に成長させるため、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ