Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】長野県、一般会計7%増 中小支援策盛る

【2020年2月7日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

【長野】長野県は6日、一般会計が9476億円の2020年度当初予算案を発表した。前年度当初予算案比7%増で、19年10月の台風19号災害からの復旧・復興対応分は491億円。台風被災を教訓とし、災害に強い県土づくりを進めるほか、時代の変化に即応した産業形成も目指す。

産業復興支援では施設・設備の復旧を支援する「グループ補助金」に66億円を計上。3000万円を上限に販路開拓など再建に必要な広報費、展示会出展費、レンタル費などの4分の3を補助する「地域企業再建支援事業費補助金」に5億円を盛り込んだ。いずれも台風19号で被災した中小企業が対象となる。

また、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ