Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】大分県、先端技術への挑戦を後押し

【2020年2月14日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【大分】大分県は13日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は19年度当初予算比1・3%増の6548億6300万円。商工観光労働部関連は同2・3%減の526億3264万円。少子高齢化や人口減少の抑制に向けた地方創生の推進、先端技術への挑戦などを基本方針に掲げた。特別枠の「令和挑戦枠」は112事業、28億1900万円を計上した。

分身ロボット(アバター)戦略の推進や飛行ロボット(ドローン)産業など「先端技術への挑戦関連事業」として…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ