Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】北九州市、スタートアップ推進1500万円 産業・雇用を創出

【2020年2月19日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【北九州】北九州市は18日、2020年度当初予算案を発表した。「人や投資の流れを加速させる経済成長戦略の実行」など、四つの柱を掲げた。人口減は進むが、女性や若者の定着で社会動態をプラスにし、地方創生の成功モデル都市の実現を目指す。

地域経済の活性化では、起業家を呼び込み産業と雇用を創出する「スタートアップエコシステム推進事業」に1500万円を計上。またオフィスビルのIT化改修を補助する「オフィスリノベーション補助金」にも5000万円を充てた。

このほか大学生の地元就職促進に取り組む大学に、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ